アミノ酸グリシンの睡眠への効果・副作用は?

睡眠の質を手助けするサプリメントの代表格は「グリシン」というアミノ酸です。

ある実験結果では、グリシンを使用した場合、しっかりとした睡眠がとれ、昼食までの活動量が上がっていきます。

一方、グリシンを使用しなかった場合は、午前11時頃でエネルギーが切れて、活動量が落ちてしまうという結果がえらえました。

※実験結果の参考資料
「世界一の睡眠の専門医が教える!4時間半熟睡法」
著者 医学博士 遠藤拓郎

グリシンを使用した人としなかった人の違いは、体温調節にあります。

人間の眠りと体温は、密接に関係しています。
眠りに入るまえに、体温は1度くらい急激に下がります。
人間は、体温が急激に下がると人間は眠くなります。

このグリシンを就寝前に摂取すると、寝ている間に体温を下げることが分かりました。

グリシンにより体温が下がりやすくなり、早く深い眠りに入り、途中で目覚めにくくなります。ぐっすり眠れるので睡眠の質が良くなります。

副作用の心配をする方もいるかもしれませんが、グリシンは、最終的には体のコラーゲンになってしまうため、副作用も心配ありません。

眠気を誘うアミノ酸サプリとして通販で販売されています。

▼楽天で売れているグリシン配合サプリです。▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする