ホスピノール 二日酔い後に飲むサプリを常備したおきたい!

いや~!
久しぶりに二日酔いになってしまいました。
お友達と持ち寄りパーティーをしたのですが、
持参したワインがあまくて、私好みだったので
ついつい飲みすぎてしまいました。

二日酔いの症状、頭痛と吐き気で朝、目が覚めました。
自分では、「これ以上飲むと二日酔いになる!」と
わかっていて、その限界を超えていなかったとは思うのですが、久しぶりに二日酔いに。

二日酔いでなぜ吐き気?

脱水による吐き気

アルコール利尿作用によっておこる脱水症状が原因の場合。

アセトアルデヒドによる吐き気

アルコールが分解されるときに発生する毒性の物質でこれが頭痛や吐き気の原因になることも。

胃酸過多

アルコールによって刺激を受けた胃は、胃酸を過剰に分泌します。
そのため、胃酸過多の状態になり、胃のむかつきを起こしやすくなります。

二日酔い対策は水分補給!

二日酔い対策に必要なのは、水分補給です。

脱水症状を防ぎ、血液中のアセトアルデヒドの濃度を薄めるためです。

頭痛に頭痛薬はいいの?

ヘルスケア大学のサイトによると、イブプロフェンが配合された頭痛薬が、二日酔いの頭痛にいいそうです。

イブプロフェンが配合された頭痛薬には、イブクイック頭痛薬DX、イブクイック頭痛薬、イブA錠EXなどがあります。
生理痛、頭痛に聞くお薬なのですが、二日酔いの頭痛にもいいということであれば、常備しておきたいですえん。

お薬以外では、カフェインを摂取するのも有効だそうです。

二日酔いの頭痛は、アルコールによる血管が拡張して、それが頭のズキズキの原因となっていることもあります。

コーヒーに含まれるカフェインは、血管を収縮する作用があるので、二日酔いの頭痛にもよいようです。

体内のアルコールを分解するために、熱いシャワーを浴びたり、スポーツドリンクを飲むのもおすすめだそうですよ。

二日酔いになりやすいお酒は?

今回、私は、ワインをボトル1/2だけ飲んで二日酔いになったのですが、二日酔いになりやすいお酒ってあるのでしょうか?

安いお酒ほど二日酔いしやすいというのがあります。

値段が安いお酒ほど、不純物が多く、高いほさけほど、不純物を取り除く作業が多く行われ、二日酔いしにくいといったことが言えます。

二日酔いを防ぐためにできること【飲酒前】

  • 飲酒前は、空腹は避け、事前に食べてから飲酒する
  • 割るときは、炭酸水よりも、水やお茶で割る。
  • 飲酒前は、薬は避ける。
  • 醸造酒よりも蒸留酒を飲む

二日酔いを防ぐためにできること【飲酒後】

  • 寝る前に水分補給をする
  • 飲酒後は、活動的にならない

売れています!ホスピノール

翌朝から大事な用事がある!という場合、
もしかして二日酔いに?と思ったら、
湘南美容外科クリニックと共同開発したシーオーメディカルの飲む人のためのサプリメント「ホスピノール」がおすすめです。
すごく売れている二日酔いサプリメントです。
二日酔いの原因であるアセトアルデヒトを分解するポリコサノール・酵母・酵素を配合。

二日酔いにいいとされるウコンより効果があるとか!

シーオーメディカルでは、社内の医療関係に従事したスタッフが実際に試して、
「これは効果がある!」と8割以上の人が納得しないと商品化しないそうです。

「ホスピノール」は、社内でも絶賛されているサプリメントだそうです。

12,000円→5,980円 50%OFF

翌朝スッキリ【ホスピノール】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする